ボードゲーム紹介
名作「お邪魔者」がボードゲームに!?

失われた鉱山 -お邪魔者ボードゲーム-

誰が味方か見極めて、財宝を手に入れろ!正体隠匿系ゲームです。

プレイヤーは青チームのドワーフ、黄チームのドワーフに分かれます。ただしチームの中には得点が独り占めできる利己的なドワーフと相手チームのスパイのドワーフが一人ずつ隠れているので注意が必要です。
自分の番が回ってきたらカードをプレイし、ゴール地点である鉱山への道を繋いだり、道にある障害を取り除くことができます。鉱山にたどり着くと鉱山カードに描かれている財宝カードをもらうことが出来ます。全ての財宝カードがなくなるか、全員の山札と手札がなくなったらラウンドが終了し、取った財宝カードの得点は全員で分配します。ただし利己的なドワーフが取った得点はそのプレイヤーのみが得点、スパイドワーフが取った得点は相手チームの得点になってしまいます。

2ラウンドやった後一番得点をたくさん持っているプレイヤーが勝利となります。

購入はこちら

ゲーム名
Saboteur THE LOST MINES
作者
Fréderic Moyersoen(フレデリック・モヤーアセン)  
発売年
2018
メーカー
Amigo / アミーゴ(ドイツ)  メビウスゲームズ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る