ボードゲーム紹介
名作「お邪魔者」がボードゲームに!?

失われた鉱山 -お邪魔者ボードゲーム-

誰が味方か見極めて、財宝を手に入れろ!正体隠匿系ゲームです。

プレイヤーは青チームのドワーフ、黄チームのドワーフに分かれます。ただしチームの中には得点が独り占めできる利己的なドワーフと相手チームのスパイのドワーフが一人ずつ隠れているので注意が必要です。
自分の番が回ってきたらカードをプレイし、ゴール地点である鉱山への道を繋いだり、道にある障害を取り除くことができます。鉱山にたどり着くと鉱山カードに描かれている財宝カードをもらうことが出来ます。全ての財宝カードがなくなるか、全員の山札と手札がなくなったらラウンドが終了し、取った財宝カードの得点は全員で分配します。ただし利己的なドワーフが取った得点はそのプレイヤーのみが得点、スパイドワーフが取った得点は相手チームの得点になってしまいます。

2ラウンドやった後一番得点をたくさん持っているプレイヤーが勝利となります。

購入はこちら

ゲーム名
Saboteur THE LOST MINES
作者
Fréderic Moyersoen(フレデリック・モヤーアセン)  
発売年
2018
メーカー
Amigo / アミーゴ(ドイツ)  メビウスゲームズ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る