ボードゲーム紹介
お邪魔者は誰?疑心暗鬼になっちゃうゲーム!

お邪魔者

プレイヤーは金鉱掘りになり、協力して金塊を掘り当てようとします。しかし中にはお邪魔者がいて、金鉱掘りたちのジャマをしてきます。

3人から10人まで遊べるゲームです。プレイヤーは金鉱堀りかお邪魔者か、どちらかの役職がランダムで配られます。金鉱堀りは3枚あるゴールカードまで道をつなげることが目的です。また、お邪魔者はゲーム終了までゴールカードまで道をつながせないことが目的となります。はじめは誰かわかりませんが、後半になってくるとお邪魔者がいきなり行き止まりの道をつなげたり、他のプレイヤーの道具を壊してきたりします。

一体誰がお邪魔者なのか…?疑心暗鬼になったり、みんなでワイワイ盛り上がれるゲームです。

購入はこちら

ゲーム名
Saboteur
作者
Fréderic Moyersoen(フレデリック・モヤーアセン)  
発売年
2004
メーカー
Amigo / アミーゴ(ドイツ)  メビウスゲームズ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ライナー・クニツィアのキングダム

領地を奪い合い、誰よりも豊かな土地に自分の城を建てることで、多くの税金を集めることを目指します。プレイヤーは城とタイルを配置し、収入を得ることを目指します。しかし他プレイヤーからの妨害で、徴税が出来なくなる可能性があります。規定ステージ終了時点で、一番お金を稼いだプレイヤー勝利します。

ライナー・クニツィアが手掛けたタイル配置ゲームです。クニツィアお得意のジレンマもあり、短時間で遊べるゲームになっています。

このゲームを詳しく見る