ボードゲーム紹介
薔薇戦争をテーマにした2人用の陣地取りゲームです。

ローゼンケーニッヒ

イングランドで実際に起こった薔薇戦争をテーマとした2人用ゲーム「ローゼンケーニッヒ」です。

2人専用ゲームで、赤と白のチームに分かれます。手番では自分の手札のカードを使ってコマを置き、陣地を取っていきます。どちらも行動ができなくなるか、自分の陣地を表すコマがなくなるとゲーム終了です。自分のコマが繋がっている個数の二乗分の得点が入り、多くの得点を得たプレイヤーの勝利となります。

各プレイヤーは4回だけ、相手のコマを自分のコマに変えることができます。それをうまく使って相手のつながるコマを分断したり、自分の陣地を広げることを狙います。シンプルなルールながら、とても奥の深い勝負を楽しむことができます。

購入はこちら

ゲーム名
The Rose King
作者
Dirk Henn(ディルク・ヘン)  
発売年
1997
メーカー
KOSMOS / コスモス(ドイツ)  メビウスゲームズ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ライナー・クニツィアのキングダム

領地を奪い合い、誰よりも豊かな土地に自分の城を建てることで、多くの税金を集めることを目指します。プレイヤーは城とタイルを配置し、収入を得ることを目指します。しかし他プレイヤーからの妨害で、徴税が出来なくなる可能性があります。規定ステージ終了時点で、一番お金を稼いだプレイヤー勝利します。

ライナー・クニツィアが手掛けたタイル配置ゲームです。クニツィアお得意のジレンマもあり、短時間で遊べるゲームになっています。

このゲームを詳しく見る