ボードゲーム紹介
薔薇戦争をテーマにした2人用の陣地取りゲームです。

ローゼンケーニッヒ

イングランドで実際に起こった薔薇戦争をテーマとした2人用ゲーム「ローゼンケーニッヒ」です。

2人専用ゲームで、赤と白のチームに分かれます。手番では自分の手札のカードを使ってコマを置き、陣地を取っていきます。どちらも行動ができなくなるか、自分の陣地を表すコマがなくなるとゲーム終了です。自分のコマが繋がっている個数の二乗分の得点が入り、多くの得点を得たプレイヤーの勝利となります。

各プレイヤーは4回だけ、相手のコマを自分のコマに変えることができます。それをうまく使って相手のつながるコマを分断したり、自分の陣地を広げることを狙います。シンプルなルールながら、とても奥の深い勝負を楽しむことができます。

購入はこちら

ゲーム名
The Rose King
作者
Dirk Henn(ディルク・ヘン)  
発売年
1997
メーカー
KOSMOS / コスモス(ドイツ)  メビウスゲームズ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る