ボードゲーム紹介
全てが奇声からはじまるアクティブ羅生門ババ抜き。

羅生門

遊べる店舗

毛が書かれたカードをババ抜きの要領で取り合い、同じ絵柄が揃うとカツラ(得点)になります。
また、特殊なカードとして「老婆」「検非違使」「下人」があり、相手の得点を奪うことや、その攻撃から守ることなどができます。

カードになりきって「セリフ」を言い合いながら行う、爆笑必至のババ抜きゲームです。

箱や、説明書も文学作品を思わす作りになっているので必見です!
サクッと遊び始められるルールなので是非手に取ってみてください。

作者
りょおち  
発売年
2019
メーカー
文学ゲーム全集  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る