ボードゲーム紹介
薬の材料、どこまで加える?

クアックサルバー

プレイヤーは治療師となり袋の中から材料チップを引いて薬を作ります。しかし、まれに材料を入れすぎると爆発してしまいます。より薬効を高め、薬効に応じた勝利点を多く獲得したプレイヤーが勝利となります。
各ラウンドは次に紹介する4フェイズからなっています。幸運カードフェイズで、幸運カードの山から1枚めくり、その文章を朗読します。この朗読されたカードの効果は全員に適用されます。ネズミフェイズでは、トップ以外のプレイヤーがネズミのしっぽを鍋に入れ、薬効を少しだけ高めることができます。材料投入フェイズでは、それぞれプレイヤーが自分の薬袋から材料チップを引き、自分の鍋に配置します。続けて引くことも出来ますが、自分の鍋ボードに置かれた白チップの数字の合計が8以上になると鍋が爆発してそれ以上引くことが出来なくなります。引いたチップの色によっては特別な追加アクションを行うことができます。全員が引くことをストップしたら、得点フェイズに移行します。バーストしたプレイヤー、していないプレイヤーがそれぞれの条件で得点を得ます。これらを繰り返し、9ラウンド終了時に最も得点を得ているプレイヤーがゲームに勝利します。

ゲームで使用する薬剤解説タイルを別のものにしたり、鍋ボードの裏面を使ったりといった追加ルールがあるので、何度も楽しめるゲームです!

購入はこちら

ゲーム名
The Quacks of Quedlinburg
作者
Wolfgang Warsch(ヴォルフガング・ヴァルシュ)  
発売年
2018
メーカー
ArclightGames / アークライトゲームズ(日本)  Schmidt Spiele  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る