ボードゲーム紹介
めくった文字で単語を作る!ワード系神経衰弱!

ぽぺぷぴっぱ

遊べる店舗

ぽぺぷぴっぱは、神経衰弱の要領で単語を作るかんたんな記憶力ゲームです。

全てのカードを、それぞれが重ならないように伏せて並べたらゲームスタートです。

手番では、サイコロを振り、出た目の数だけカードをめくることができます。カードの裏面にはひらがなが1文字書かれています。めくったカードを組み合わせて単語を作ることができた場合、それらのカードを獲得することができます。「あかさたな」や「がぎぐげご」といった、行や段を揃えることでも獲得することができます。

全てのプレイヤーが単語を作ることができずに手番が一巡した場合、STAGE-1が終了します。STAGE-1では、最も多くのカードを集めたプレイヤーの勝利です。※もし「ぱ」「ぴ」「ぷ」「ぺ」「ぽ」の5枚すべてを獲得したプレイヤーがいた場合は、即座にゲームは終了し、そのプレイヤーの勝利となります。

ゲームはそのままSTAGE-2に進みます。各プレイヤーは今回獲得したカードを組み合わせて、できるだけ長い単語を作ることを目指します。STAGE-2では、最も文字数の多い単語を作ることができたプレイヤーの勝利です。

ゲーム名
ぽぺぷぴっぱ
作者
Dig-A-Doo(ディガドゥー)  
発売年
2019
メーカー
Dig-A-Doo(ディガドゥー)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る