ボードゲーム紹介
ペッパーカードを押しつけろ!ピリピリとくるトリックテイキング

ペッパー

1から18の数字が書かれたカードを順に出していく「ペッパー」。
トリックテイキングというジャンルのゲームです。

3から9人用ゲームで、人数によって使う種類とカードの枚数が変わります。
各プレイヤーには12枚ずつ手札が配られます。このゲームの1のカードは絵柄が付いておりペッパーカードといいます。親が好きなカードを1枚出し、時計周りに順にカードを出していきますが、親が出したカードと同じ色のカードを持っている場合、自分も出さなければなりません。プレイヤー全員が1枚ずつ出し終わったら、親と同じ色かつ数字の一番大きいカードを出したプレイヤーが敗者となり、勝負に使用したカードを全て受け取ります。これを手札がなくなるまで行い、最後に、所持しているペッパーカードと同じ色の数字カードの枚数分マイナス点となります。

ペッパーカードがなければそれまでにいくら負けていてもマイナス点にはならないというルールなので、自分の手札をどう使っていけばいいか、どの色がもう枯れているのかというのを考えて出すことが必要になります。最後までピリピリと痺れるゲームです。

購入はこちら

タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る