ボードゲーム紹介
1889年のパリを舞台に、街と建物を光で飾ろう!

パリ―光の都―

光の都パリのとある町の重要人物となり、自分の建物を街路灯の光で美しく照らす、二人用のタイル配置系ゲームです。

ゲームは2つのフェイズを行った後、点数計算をして勝敗を決めます。フェイズ1では建物の土台となる敷石タイルをボードに置くか、建物を手元に取るかを行います。フェイズ2では、自分の手元にある建物を、自分の色の敷石のエリアに置くか、便利なアクションを行うことが出来ます。アクションは一つにつき一人までしか使えない為、いつ使うかも重要です。どちらのプレイヤーも建物を置けなくなると点数計算が始まります。自分の建物のサイズ×隣接している街灯の数だけ点数を受け取り、ボーナスや失点も加味してより多く点数を取っていた方のプレイヤーの勝利です。

最後までよく考えてアクションを行い、光の都パリの美しい街並みを作り上げる。お洒落なデザインにも注目の二人用ゲームです!

購入はこちら

ゲーム名
PARIS La Cité de la Lumière
作者
jose Antonio Abascal  
発売年
2019
メーカー
Devir  テンデイズゲームズ(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る