ボードゲーム紹介
ちょっと珍しい協力ゲーム世界を病原菌から救おう!

パンデミック

ドイツ年間ゲーム大賞2009年 ドイツ年間ゲーム大賞 ノミネート作品

全員で協力して、ウィルス感染の危機から世界の危機を救うという一風変わったゲームです。
2人から4人用ゲームで、プレイヤーそれぞれが特徴のある役職となります。世界各国をウイルスの治療をして周りながら、4種類のウイルス治療薬を開発できれば勝利となります。

このゲームは協力ゲームなので、プレイヤーは全員味方です。どうすればゲームを成功に導けるのか、全員で話し合いながら上手に行動してウィルスを広めないように駆逐していくことが重要です。

購入はこちら

ゲーム名
Pandemic
作者
Matt Leacock(マット・リーコック)  
発売年
2008
メーカー
Hobby Japan / ホビージャパン  Z-Man Games(カナダ)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る