ボードゲーム紹介
終わりの遺跡を探す物語

ニア&ファー ~近くと遠くの物語~

遊べる店舗

ゲームブックとRPGをミックスした『アバブ&ビロウ』の姉妹作品です。

拡張ではなく独立した作品で、自分の望みを叶えてくれる「終わりの遺跡」を目指す冒険者となり、波乱万丈の大冒険を繰り広げます。身近(ニア)な街では仲間を募り、強力なアイテムを購入して、遥か彼方への(ファー)冒険でさまざまなイベントを体験します。ゲームボードは11種類のマップ、クエストブックは120ページ以上からなり、ステータスの状態、クエストのクリア状況、さらにプレイヤーの選択によって物語は無数に分岐します。『アバブ&ビロウ』と比べてRPG要素やマップシステムが新機軸で、プレイ時間も延びました。ゲーム中に登場するコンポーネントが盛りだくさんで、ゲームに登場するキャラクターごとに専用クエストが用意されたストーリーモードもあり、奥の深い作品となっています!

ゴールデンギーク賞で大賞・イノベーティブ・テーマ・アートワークの4部門にノミネートされています。

購入はこちら

ゲーム名
NEAR and FAR
作者
Ryan Laukat  
発売年
2016
メーカー
ArclightGames / アークライトゲームズ(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

おばけキャッチ

山札から1枚ずつカードがめくられます。めくられたら、カードに描かれている正しい色のコマを素早く取ります。
紛らわしいカードについついお手つきをしてしまうため、とっさの判断力と反射神経がものをいいます。

2~8人まで遊べて、シンプルなルールで子どもから大人まで手軽に楽しめる、オススメパーティーゲームです!

このゲームを詳しく見る