ボードゲーム紹介
もやし大盤振る舞い

もやしイレブン

遊べる店舗

ジンギスカン屋の店員としてチップを稼ぐゲームです。

プレイヤーは来客中のお客さんカードに対して、もやしを振る舞います。自分の番では、お客さんカードの上にダイスを振らずに1つのもやしキューブを置くか、1~3個のダイスを振ってその数のキューブをカードに置くことができます。ダイスの数ともやしキューブの合計が11ピッタリになると、そのお客さんカードに書かれた点数分を獲得できます。ダイスを振った結果、どこに置いても11を超えてしまう場合、バーストとなりキューブを置く事はできません。いずれかのプレイヤーの獲得ポイントの合計が11点に達した時点でゲームが終了します。

お客さんカードの中には、特殊効果が記載されているものもあります。個性豊かなお客さんにもやしを振る舞ってチップを稼ぎましょう!

ゲーム名
moyasi 11
作者
Hiroshi Itani&Tomoyuki Saito  
発売年
2019
メーカー
RareSightGames  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ライナー・クニツィアのキングダム

領地を奪い合い、誰よりも豊かな土地に自分の城を建てることで、多くの税金を集めることを目指します。プレイヤーは城とタイルを配置し、収入を得ることを目指します。しかし他プレイヤーからの妨害で、徴税が出来なくなる可能性があります。規定ステージ終了時点で、一番お金を稼いだプレイヤー勝利します。

ライナー・クニツィアが手掛けたタイル配置ゲームです。クニツィアお得意のジレンマもあり、短時間で遊べるゲームになっています。

このゲームを詳しく見る