ボードゲーム紹介
目指せ真のモンスタートレーナー!

モンスターマイスター

遊べる店舗

毎ラウンド出てくる「指令カード」に書かれたモンスターたちを集めながら点数を競う、記憶力が試されるカードゲームです。

各プレイヤーは、様々な色や目の数を持つモンスターが描かれている、16枚のカードセットを4×4のグリッド上に裏向きで自分の前に置きます。テーブルの中央には「指令カード」と「迷子カード」の山札があり、指令カード山札の一番上のカードが公開されたらゲームスタートです。
指令カードは様々なものがあります。例えば「4枚までめくる。緑のモンスター4ポイント、黄色のモンスター3ポイント、青のモンスター2ポイント、赤のモンスター1ポイント」といった内容です。指示された枚数までカードをめくっていきますが、手番やスピードは関係ありません。自分のペースでめくっていきます。
全員が指令カードの指示を完了したら、点数計算です。最も得点の高いプレイヤーが手元のモンスターカードを迷子カードの山札に混ぜます。逆に最も点数の低いプレイヤーは、迷子カードの山札からモンスターカードを受け取り、手元のモンスターカードの列に加えます。
これを10ラウンド繰り返していき、最終的に最もモンスターカードの少ないプレイヤーが勝利です。

神経衰弱のように、非常にシンプルな記憶力のゲームです。指令カードに対応しつつ、よりたくさんの点数が獲得できるモンスターカードの組み合わせを考えていくのが楽しいゲームになっています。手番なく、自分のペースでプレイに参加できるので、初めてのゲームやお子様にオススメです。

購入はこちら

ゲーム名
monster meister
作者
Maja&Amelie Dorn  
発売年
2018
メーカー
Zoch / ツォッホ (ドイツ)  メビウスゲームズ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る