ボードゲーム紹介
太陽の山の棚田にはラマいっぱい!

ラ・ラマ・ランド

遊べる店舗

タイルを立体的に配置して進めていく、パズル系タイル配置ゲームです。

プレイヤーは各手番、5種類の形で分かれたタイルの山のいずれかから1枚タイルを取り、自分の土地に配置します。配置は自分の現在の土地を広げるように接する形で置くか、または土地の上に重ねて置くかの2択です。重ねて置くと段々畑ができ、隠されたアイコンに対応する収集物がもらえます。これを一定の数集めるとラマを獲得できます。獲得したラマは土地に配置することができますが、配置するとラマがいる土地にはタイルが置けなくなります。手番終了時にラマカードが1種類しか残っていない、または土地タイルが合計4枚しか残っていない場合、ゲームは終了に向かいます。最終的に、最も多くの勝利点を獲得したプレイヤーが勝利します。

選択ルールにより、初めてのプレイヤーも、遊び慣れたプレイヤーも何度も楽しむことができます。

購入はこちら

ゲーム名
Llamalamd
作者
Phil Walker-Harding(フィル・ウォーカー・ハーディン)  
発売年
2021
メーカー
Hobby Japan / ホビージャパン  Lookout Games(アメリカ)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る