ボードゲーム紹介
ラッキー邸にようこそ

キルDr.ラッキー 19.5周年完全版

他の人に見られない所でラッキー博士を殺害せよ!

プレイヤーは自分のターンになったら移動とアクションを行うことが出来ます。移動カードを使うことによって自分のキャラクターを移動コスト分移動させます。その後アクションフェイズではカードを補充する。もしくはラッキー博士が自分と同じ部屋にいる、かつ、他のキャラクターに見られていない場合、殺害を試みることもできます。殺害アクションをする場合武器カードを一枚使用し、その攻撃力の同じだけの幸運マークを他プレイヤーが出せなかった場合勝利となります。

ヴァリアントルールではラッキー博士が墓場から蘇り、逆にこちらを攻撃していきます。

作者
James Ernest  
発売年
2016
メーカー
Cheapass Games(アメリカ)  グループSNE  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る