ボードゲーム紹介
ひらがなとカタカナで6つのゲーム!

かなカナ

遊べる店舗

かなカナは「2018年度グッドデザイン賞」を受賞した言葉遊びゲームです。

白い面にひらがな、黒い面にカタカナが描かれたかなカナチップと、チップ入れ(袋)、六角形のかなカナタイルを使用します。

・かなカナ(スタンダード)(2人、10歳から)
プレイヤーはひらがな王とカタカナ王にわかれ、それぞれの色の面をより多く表にすることを目指します。手番では、手札からチップを1枚選びタイルに配置します。手持ちのタイルを新たに配置してから、チップを配置することもできます。こうして置かれたチップと隣接した文字同士を組み合わせ単語を作ることで、相手の王国の面となっているチップをひっくり返し、自色の面を表にすることができます。タイルが全て埋まるか、置けるチップがなくなるとゲーム終了です。タイル上のチップを確認し、自色の面が多い王様が勝利となります。

他にも、

・かなカナ(かんたん)(2人、7歳から)
・かなカナ並べ(1~2人、4歳から)
・かなカナかるた(3人~、4歳から)
・かなカナコンテスト(2~7人、5歳から)
・かなパズル(2~6人、10歳から)

など、プレイヤーの年齢、人数に応じた6つのゲームをプレイすることができます。

ゲーム名
かなカナ
作者
Dig-A-Doo(ディガドゥー)  
発売年
2018
メーカー
Dig-A-Doo(ディガドゥー)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ライナー・クニツィアのキングダム

領地を奪い合い、誰よりも豊かな土地に自分の城を建てることで、多くの税金を集めることを目指します。プレイヤーは城とタイルを配置し、収入を得ることを目指します。しかし他プレイヤーからの妨害で、徴税が出来なくなる可能性があります。規定ステージ終了時点で、一番お金を稼いだプレイヤー勝利します。

ライナー・クニツィアが手掛けたタイル配置ゲームです。クニツィアお得意のジレンマもあり、短時間で遊べるゲームになっています。

このゲームを詳しく見る