ボードゲーム紹介
トマト? レタス? カリフラワー!

ごきぶりサラダ

カードをめくっては描かれた野菜の名前を呼び、自分の山札をいち早く無くせば勝利です。

登場するのは「トマト」「カリフラワー」「パプリカ」「レタス」の4つの野菜のカードです。
順番に一枚ずつカードをめくっていき、描かれた野菜の名前を正確に呼びましょう。
ただし、直前にめくられたカードの絵柄の野菜・直前のプレイヤーが発言した野菜の名前は、言ってはいけません。そのときは該当しない別の野菜の名前を言いましょう。
トマトが連続で出たらトマトと言えないので「パプリカ!」、さらに続けてパプリカが出たらトマトもパプリカも言えないので「レタス!」、とこんがらがっていってしまうことも!?
間違えてしまったら場のカードを全部自分の山札に戻さなければなりません。

ルールは簡単でもやってみると意外と難しい、みんなで盛り上がれるパーティーゲームです。

購入はこちら

作者
Jacques Zeimet(ジャック・ゼメ)  
発売年
2007
メーカー
Drei Magier / ドライマギア (ドイツ)  メビウスゲームズ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る