ボードゲーム紹介
まとめて売るか、早く売るかがジレンマな2人専用ゲームです。

ジャイプル

マハラジャの商人になることを目指し、商品を集め、交換し、売ってエクセレンスの称号を争います。

2人専用ゲームで、ラクダカードと商品カードを場に並べ、その横に山札と商品トークンを置いて、手札として山札から5枚ずつ配れば準備は完了。プレイヤーは順番に新しくカードを取るか、手札のカードを売るかを選択できます。カードを取ることを選択した場合には、新しく手札にいれた枚数と同じだけのカードを場に返すか、場のラクダカードをすべてまとめて手元にひきよせることになります。カードを売ることを選択した場合には、手札の中から1種類の商品カードを任意の枚数選び、売ることにした枚数と同じ数だけの商品トークンを得ます。

これを繰り返し、3種類の商品トークンが無くなるか、山札がなくなったらラウンド終了です。先に2ラウンドを制したプレイヤーが勝者となります。
簡単なルールながら、どの商品を集めていつ売るかを考えたり、商品を取ると場のカードが新しくなってしまうため、相手に欲しいカードを取らせてしまう場合もあったりと、いろいろな要素が詰まったゲームです。

購入はこちら

ゲーム名
Jaipur
作者
Sebastien Pauchon(セバスチャン・ポーション)  
発売年
2009
メーカー
GameWorks(スイス)  Hobby Japan / ホビージャパン  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る