ボードゲーム紹介
自分のゴールに宝石を導け!

インディゴ

プレイヤーは貴重な宝石をもっとも多く手に入れることを目指します。そのためには、宝石をボード端の出口へと移動させるルートを築かなくてはいけません。出口は1人のプレイヤーに属するものと、複数のプレイヤーで共有するものがあります。前者の場合、他のプレイヤーは何も得られませんが、後者の場合、出口へ誰かが宝石が導くと、そこを共有するプレイヤーは同じように宝石をもらえます!

最年少のプレイヤーからプレイを始め、以降、時計回りに手番を行います。手番プレイヤーは手札のルートタイルを配置し、必要に応じて宝石を動かし出口に導くことができさえすればそれを獲得します。手番の最後に、新たなルートタイルを1枚引きます。ボードから宝石が完全になくなったらゲームは終了します。ここで、各プレイヤーは獲得した宝石の価値を合計します。最も多くのポイントを獲得したプレイヤーの勝利です。同点なら持っている宝石の個数が多い方が勝利します。それでも同点なら勝利を分かち合ってください。

自らタイルを配置し戦略を練っていく何度でもできる2~4人用ゲームです。

ゲーム名
Indigo
作者
Reiner Knizia(ライナー・クニツィア)  
発売年
2012
メーカー
グループSNE  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る