ボードゲーム紹介
恐怖に打ち勝てるか?インカの黄金を持ち帰れ!

インカの黄金

冒険者仲間を一緒にインカ時代の神殿を探検します。目指すはトルコ石、黒曜石、金を持ち帰ること。ただし神殿には愚かな冒険者を裁く障害がたくさんあります。見事恐怖を克服した者だけが宝を掘り当てることができるのです。

最初に「キャンプカード」と「たいまつカード」が1枚ずつ配られます。山札から神殿の通路のカードをめくり、それを見てプレイヤーはそれぞれに冒険を続けるか、諦めてキャンプに戻るかを選択します。もし冒険を続けるなら「たいまつカード」冒険を諦めてキャンプに戻るなら「キャンプカード」を選択し、全員いっせいに公開します。キャンプに戻るプレイヤーはそれまでに手に入れた宝石を安全なキャンプに隠します。ただしこのラウンド中にはもう冒険にはでることはできません。
山札から赤い枠のカードがでたら障害が近づいてきています。もし同じ種類の障害カードが山札からめくられたときは、それまでこのラウンド中に手に入れた宝石をすべて失います。5ラウンド終了時点でキャンプの中の宝石が一番多かったプレイヤーの勝利です。

物事を冷静にとらえつつ、恐怖に打ち勝つ勇気を必要とするゲームです。ぜひ友達と我慢比べしてみましょう。

購入はこちら

ゲーム名
Incan Gold(Diamant)
作者
Alan R. Moon(アラン・R・ムーン)  Bruno Faidutti(ブルーノ・フェイドゥッティ)  
発売年
2006
メーカー
ArclightGames / アークライトゲームズ(日本)  Eagle-Gryphon Games(アメリカ)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る