ボードゲーム紹介
イベリア半島地方を舞台にした鉄道運営ゲーム

イベリアンゲージ

遊べる店舗

鉄道会社に投資し、それぞれの株を使って投資した会社の線路を敷設していくゲームです。

線路は購入した株の順に追加されていき、荒地に線路を敷くとコストも高くなります。プレイヤーは他社から線路を借りることもできますが、レールの増設を怠ると株の価値が下がります。ゲームは、最後の建設ラウンドの後、プレイヤーは自分の株の価値を加算して終了します。一番お金を持っているプレイヤーが勝利します。

イベリア半島地方で鉄道運営を成功させましょう!

購入はこちら

ゲーム名
Iberian Gauge
作者
Amabel Holland  
発売年
2021
メーカー
Capstone Games  Winsome Games  株式会社ケンビル  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ライナー・クニツィアのキングダム

領地を奪い合い、誰よりも豊かな土地に自分の城を建てることで、多くの税金を集めることを目指します。プレイヤーは城とタイルを配置し、収入を得ることを目指します。しかし他プレイヤーからの妨害で、徴税が出来なくなる可能性があります。規定ステージ終了時点で、一番お金を稼いだプレイヤー勝利します。

ライナー・クニツィアが手掛けたタイル配置ゲームです。クニツィアお得意のジレンマもあり、短時間で遊べるゲームになっています。

このゲームを詳しく見る