ボードゲーム紹介
イベリア半島地方を舞台にした鉄道運営ゲーム

イベリアンゲージ

遊べる店舗

鉄道会社に投資し、それぞれの株を使って投資した会社の線路を敷設していくゲームです。

線路は購入した株の順に追加されていき、荒地に線路を敷くとコストも高くなります。プレイヤーは他社から線路を借りることもできますが、レールの増設を怠ると株の価値が下がります。ゲームは、最後の建設ラウンドの後、プレイヤーは自分の株の価値を加算して終了します。一番お金を持っているプレイヤーが勝利します。

イベリア半島地方で鉄道運営を成功させましょう!

購入はこちら

ゲーム名
Iberian Gauge
作者
Amabel Holland  
発売年
2021
メーカー
Capstone Games  Winsome Games  株式会社ケンビル  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る