ボードゲーム紹介
ネコとネズミのパズルでダイスなゲーム

ハウス・オブ・キャッツ

遊べる店舗

『ハウス・オブ・キャッツ』は、自分の家をネコとネズミとダイスでいっぱいにすることを目指すロール&ライトゲームです。

ゲームは全員同時進行で進みます。毎ターン振られる4つのダイスから3つを選び、各自自分のシートに数字・猫・ネズミを描き入れます。同じターンの3つは原則として隣接して描き込まなければいけません。

2~5までの数字は、その数だけ繋がると部屋が完成し、隣接しなくても良くなったり、数字を増減できたりといった特殊効果が使えるようになります。「ネコ」と「ネズミ」はレベルによって異なる条件を満たすことで得点になりますが、部屋を作るときには邪魔になるのでどこに描き込むかが悩みどころです。

部屋の特殊効果はゲームごとに変わる上に、レベルは1~4まであり、それぞれシートが変わって得点条件が難しくなっていきます。ゲームごとに展開が変わり、臨機応変なプレイが求められます。ゲーマーズゲームのデザイナーらしい、ひねりの効いたロール&ライトゲームです。

ゲーム名
ハウス・オブ・キャッツ
作者
Kristian Amundsen ostby  William Attia  
発売年
2023
メーカー
テンデイズゲームズ(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る