ボードゲーム紹介
裏で手を引いて枢機卿を当選させろ

ハウス・オブ・ボルジア

遊べる店舗

自分が密かに支持する枢機卿が選挙で勝てるように裏で手を引く、正体隠匿系ゲームです。

ゲーム終了時に、自分に割り当てられた枢機卿が最も影響力を持っていればゲームに勝利します。
手番では、5種類の中から好きなアクションを実行していきます。しかし、必ずしも希望するアクションを実行できるとは限りません。アクションの仕方は、ダイスゲーム「ブラフ」のシステムを使っており、手番では実行したいアクションとそのアクションに対応するダイス目が全体で何個あるか予想し、宣言します。その後隣のプレイヤーがブラフと宣言しなければ、先ほどのプレイヤーは宣言したアクションを実行できます。もしもブラフと宣言されてしまったら、ダイスゲーム「ブラフ」のシステムと同じように全員のダイスを公開して答え合わせを行います。

正体隠匿ゲームではありますが、話し合いが無いため人狼系のゲームが苦手な方でも遊びやすい作品です。

ゲーム名
House of Borgia
作者
Scott Almes  
発売年
2017
メーカー
Gamelyn Games  Talon Strikes Studios  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る