ボードゲーム紹介
小さいコマにかぶせて置けるちょっと変わった三目並べです。

ゴブレット・ゴブラーズ

相手よりも先に、自分のゴブラーズ3個を縦か横か斜めの1列に並べられたら勝ちというシンプルなゲームです。

ただし、ゴブラーズたちは自分より小さいコマを食べてしまうことができます。

交互に、自分の色の手元にあるコマか、すでにマスに置かれた見えているコマ1個を取って、空いているマスに置くか、より小さいコマにかぶせます。
かぶせられた内側のコマを取ったり、覗き見したりすることはできません。相手の狙いを先読みしつつ、かぶされたコマの下に何があったかを覚えておく必要があります。
お手軽な戦略ゲームですが、洞察力や記憶力が試されます!

購入はこちら

ゲーム名
GobbletGobblers
作者
Thierry Denoual(ティエリ・ドヌアール)  
発売年
2003
メーカー
Blue Orange Games / ブルーオレンジゲームズ(フランス)  すごろくや  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る