ボードゲーム紹介
小さいコマにかぶせて置けるちょっと変わった三目並べです。

ゴブレット・ゴブラーズ

相手よりも先に、自分のゴブラーズ3個を縦か横か斜めの1列に並べられたら勝ちというシンプルなゲームです。

ただし、ゴブラーズたちは自分より小さいコマを食べてしまうことができます。

交互に、自分の色の手元にあるコマか、すでにマスに置かれた見えているコマ1個を取って、空いているマスに置くか、より小さいコマにかぶせます。
かぶせられた内側のコマを取ったり、覗き見したりすることはできません。相手の狙いを先読みしつつ、かぶされたコマの下に何があったかを覚えておく必要があります。
お手軽な戦略ゲームですが、洞察力や記憶力が試されます!

購入はこちら

ゲーム名
GobbletGobblers
作者
Thierry Denoual(ティエリ・ドヌアール)  
発売年
2003
メーカー
Blue Orange Games / ブルーオレンジゲームズ(フランス)  すごろくや  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る