ボードゲーム紹介
都市計画立案者になって建物を建てよう!

銀杏都市(ギンコポリス)

郊外を都市化したり、建物を建設することで勝利点を稼ぐタイル配置ゲームです。

郊外である部分を都市化して盤面の都市部分を増やしたり、建物タイルを既にある建物タイルの上に配置することで階数を上げて開発を進めたりするゲームです。開発を進めるには資源集めも大切。活用ボーナスを持つカードもうまく活用しましょう。

効率よく資源を集め都市開発を進めましょう!

購入はこちら

ゲーム名
Ginkgopolis
作者
Xavier Georges  
発売年
2012
メーカー
Hobby Japan / ホビージャパン  Pearl Games(ベルギー)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る