ボードゲーム紹介
次の動物はこの動物より大きい?小さい?

大きさ比べ

遊べる店舗

トランプのハイアンドローに似た、可愛い動物のイラストで子供向けのカードゲームです。

7種類の動物のカード61枚で構成されていて、ありとくまは8枚ずつ、その他の動物は9枚ずつあります。あり、かたつむり、かえる、はりねずみ、きつね、しか、くまの順で大きい動物となります。各プレイヤーに12枚ずつカードを裏向きのまま配り、それぞれプレイヤーの前に山札として置きます。残りのカードは表向きにしてテーブルの中央に置き、その一番上のカードが「リーダー」となります。スタートプレイヤーは自分の山の1番上のカードがリーダーと比較して大きいか、小さいか、同じかを宣言します。そのあと、カードをめくって確認します。宣言が正しかった場合、さらに自分の手番を続けるか、やめるかを選ぶことができます。手番を続ける場合、次は自分が出したカードに対して宣言します。手番を終える場合、そのプレイヤーがその手番にめくったカード全てをテーブル中央のカードの山に表向きに置きます。そのとき、最後にめくったカードが次の手番のプレイヤーのリーダーとなり、次のプレイヤーの手番となります。
これを繰り返していき、最初に自分のカードをすべてなくしたプレイヤーの勝利となります。

最初の方の宣言は運で決まりますが、終盤では自分の山札にどの順番でカードが入っているか覚えていることで有利になれます。運と記憶力で勝負するシンプルなゲームです。

購入はこちら

作者
Bernhard Weber  
発売年
2011
メーカー
Zoch / ツォッホ (ドイツ)  メビウスゲームズ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る