ボードゲーム紹介
おお しんでしまうとは なにごとだ! (計画通り)

ダンジョンヒーローマネージャー

遊べる店舗

ダンジョンに潜るヒーローを雇い、お宝を集める重量級ゲームです。

「ヒーロー想いの素敵なマネージャーになれるかな…?」
なんて幻想はこのゲームにはありません。

ダンジョンから帰ってきたヒーローたちは、当然「手に入れた宝」を分配しろと要求してきます。
生きて帰ったヒーローには、給料を一人ずつ払わねばなりません。

ダンジョンの中でパーティーの大半が力尽き、命からがら一人が帰ってきた方が、当然自分の支払いが少ないことはもうわかるはずです。

御察しの通り、ギリッギリ帰ってこれるパーティーを絶妙に編成するのがこのゲームのミソ!
余裕で勝てる最強のパーティーなんか作った日には…そりゃ収入の少ないこと少ないこと…

ゲーム名
Dungeon Heroes Manager
作者
Andrea Chiarvesio  Pierluca Zizzi  
発売年
2016
メーカー
ArclightGames / アークライトゲームズ(日本)  Giochi Uniti  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る