ボードゲーム紹介
引き揚げる財宝は美しい。ロマンの大海原。

ディープ・ブルー

海底に眠るお宝を集めるべく、船を出し、サルベージするゲームです。

船員を雇い、様々な海底の危機を脱し、海底の恐怖に打ち勝ったものがたくさんの財宝を手に入れることができます。ゲームのコマやボードも非常に美しく、海を冒険している感覚に浸れるゲームです。
また、2~5人であそべるのもポイントです!

カードを集めたり、デッキビルディングの要素は「センチュリースパイスロード」の様で、財宝を集める部分は袋の中でランダムで引く、「クアックサルバー」的な要素のゲームです。
(ゲーマーには伝わるはず….!)

購入はこちら

ゲーム名
Deep Blue
作者
Asger Harding Granerud  Daniel Skjold Pedersen  
発売年
2019
メーカー
Days of Wonder(アメリカ)  Hobby Japan / ホビージャパン  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る