ボードゲーム紹介
記憶力を頼りに壁の見えない魔法の迷路をすすめ!

魔法のラビリンス

ドイツ年間キッズゲーム大賞2011

壁の見えない魔法の迷路を進んで魔法の紋章を集める「魔法のラビリンス」。
2011年にドイツ年間キッズゲーム大賞を受賞した作品です。

2人から4人用ゲームで、プレイヤーは好きな色のコマを選びます。コマの裏には磁石が付いています。プレイヤーは魔法の力として金属のボールを持ち、ボードを挟んでコマにボールをぶら下げます。

魔法の紋章チップをランダムに選び、ボード状の同じ絵柄のマスに置きます。自分の手番ではサイコロを振り、魔法の紋章に向かって出た目の数だけ進めます。マス目にそって縦横好きな方向に進めることができますが、魔法の迷路の壁は見えません。ボードは2層になっており、下にある壁にぶつかるとボールが落ちてしまい、スタートからやり直しです。壁の位置を覚えながら魔法の紋章を5つ集めたプレイヤーの勝利です。

自分が覚えている壁に相手が引っかかってしまってニヤリとしたり、同じところで何度も落ちてしまったりと、子供から大人まで楽しめるゲームです。

購入はこちら

ゲーム名
The Magic Labyrinth(Das Magische Labyrinth)
作者
Dirk Baumann  
発売年
2009
メーカー
Drei Magier / ドライマギア (ドイツ)  メビウスゲームズ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ライナー・クニツィアのキングダム

領地を奪い合い、誰よりも豊かな土地に自分の城を建てることで、多くの税金を集めることを目指します。プレイヤーは城とタイルを配置し、収入を得ることを目指します。しかし他プレイヤーからの妨害で、徴税が出来なくなる可能性があります。規定ステージ終了時点で、一番お金を稼いだプレイヤー勝利します。

ライナー・クニツィアが手掛けたタイル配置ゲームです。クニツィアお得意のジレンマもあり、短時間で遊べるゲームになっています。

このゲームを詳しく見る