ボードゲーム紹介
おかしくなる〜〜〜

クレイジータイム

脳みそ溶けるかもしれませんが、どうぞ!

1ラウンドの流れです。
色んな時計の絵が描かれた時計カードを各プレイヤーに配りきり、それぞれ自分の山札とします。
スタートプレイヤーは「1時」と宣言し、自分のカードをめくります。
そこから時計回りに「2時」「3時」「4時」と、プレイヤーが順番に時間を数えながらカードをめくっていきます。
この時必ず、時間を宣言してからカードをめくってください。

カードをめくっていくと「時間の法則」が発生します。
めくったカードがデジタル時計なら『逆転の法則(リバース)』、次のプレイヤーから時間の流れが逆になります。
めくったカードと同じ時間を宣言してたら『同期の法則(シンクロ)』、全員いっせいに時計ボードに触れなければいけません。
めくったカードによって2つ以上の法則が発生した場合は『過負荷の法則(オーバーロード)』、特になにもありません。
誰かがミスをした場合は『時の氾濫(テンポラルフロー)』と宣言し、ゲームを中断。ミスをしたプレイヤーはペナルティチップを受け取ります。
これを繰り返し、12枚あるペナルティチップが全てなくなったらゲーム終了。
ペナルティチップが1番少ないプレイヤー全員がそのラウンドの勝者となり、しるしとして時間チップを受け取ります。
ラウンドの勝者は、ここで一旦テーブルを離れます。
そして、テーブルに残ったプレイヤーたちで新たな時間の法則をつくります。その法則に名前もつけてください。
新たな時間の法則がつくれたらラウンドの勝者を呼び戻し、法則の名前を発表して、次のラウンドの準備をします。
これで1ラウンドが終了。

というのを、4ラウンドやります。

4ラウンド終了後、1番得点の多かったプレイヤーがこのクレイジータイムの勝者。
『グレートマスターオブタイム』の称号が与えられます。

ラウンドが進むにつれて様々な「時間の法則」が追加されるこのゲーム。
それに対応しなければならないので、集中力が切れると終わります。
非常にわちゃわちゃなります。

購入はこちら

作者
Alex Mir  
発売年
2021
メーカー
JELLY JELLY GAMES / ジェリージェリーゲームズ(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る