ボードゲーム紹介
地球にヒトがいなくても、労働はつづく。

クロックワーカー

クロックワーカーは2~4人の拡大再生産のカードゲームです。

手番は帰還とアクションの2段階で構成されており、廃墟となった工場を再稼働させ、資源を獲得し、資源を使って人類の遺した技術を再発明していくことが目的です。資源はワーカーを帰還させると手に入れられますが、ワーカーは置いた次の手番にカードの一番上から1体ずつしか回収できません。置くことができる場所カードにはマスが複数ありますが、こちらは上から順にしか置くことができません。いずれかの終了条件が満たされたとき、獲得した遺物カード、レコードタイル、勝利点トークンに示された勝利点を計算し、最も多くの勝利点を得たプレイヤーが勝者となります。

時間差で帰ってくるワーカーたちを待ちながら、効率よく勝利点を獲得していくことが重要です。

購入はこちら

ゲーム名
CLOCKWORKER
作者
りかち  
発売年
2021
メーカー
Hobby Japan / ホビージャパン  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

マフィオズー

動物ギャングの新たな団員となるために、腹心にすりより支援してもらいながら、街への影響力を高める陰謀ゲームです。

このゲームは、4つのフェーズをそれぞれ全プレイヤーが行動し進んでいきます。
収入フェーズでは、お金と賄賂カード、施設ボーナスを受け取れます。
買収フェーズでは、ボードのファミリーに対して賄賂カードを1枚ずつ残り1枚になるまでプレイし、宝石を提示したりお金を払ったり、恩恵を得るための行動を行います。
恩恵フェーズでは、各ファミリーの買収に成功したプレイヤーが恩恵を受けます。
影響力フェーズでは、重要施設から影響点や次ラウンドから使える恐喝ボーナスを獲得するために、好きなだけ手下を派遣します。ここで施設に示された恩恵トークンを支払います。余った恩恵トークンは次のラウンドに持ちこせないため、追加点となる地域トークンに交換します。

4ラウンドプレイした後、残った持ち物を全て地域トークンに交換し、種類のセットに応じて影響力を計算をします。
そして、手下を置いている施設の影響点を加算します。

最も多くの影響力を持っているプレイヤーが勝利となり、ファミリーの新たな団員となれます!
他のプレイヤーを邪魔をしながらうまく恩恵をうけましょう。

このゲームを詳しく見る