ボードゲーム紹介
古代ローマを舞台に街づくり!

カルペディエム

遊べる店舗

自分の地区ボードに建物タイルを配置して、より良い都市を作るゲームです。

ゲームは7ラウンドを1フェイズとし、1フェイズごとに得点計算が入ります。
手番プレイヤーは自分のコマを向かい合う半円の反対側へ移動させ、移動先の建物タイルを得たらすぐ自分の地区ボードに配置します。
地区ボードにタイルを並べ、組み合わせや同種類のタイルの数などで得点を伸ばしていきます。
4フェイズでゲーム終了となり、最も得点の高いプレイヤーが勝利となります。

パズルのようにタイルを配置するゲームで、周りの人が欲しいタイルを見極める読みあいの要素も楽しめます。

ゲーム名
CARPE DIEM
作者
Stefan Feld(ステファン・フェルト)  
発売年
2018
メーカー
Ravensburger / ラベンスバーガー(ドイツ)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る