ボードゲーム紹介
タイトル通り、ダイスを振るのをやめられないゲームです

キャントストップ

サイコロを振ってコーンを進めていく「キャントストップ」。
タイトルはプレイヤーの気持ちを表しており、サイコロを振ることをやめることが重要です。

2人から4人用ゲームで、プレイヤーは色を決めてコーンを受け取ります。手番では4つのサイコロをふり、好きなように2個ずつに分けます。それぞれの合計値の列において1マス進むことができ、ゴールは数字の書いてあるマスとなります。いち早く3つのコマをゴールをさせることができたプレイヤーの勝利です。サイコロは何度も振ることができますが、毎手番進むことのできる列は3つまでです。サイコロを振った時に、その3つの合計値のどれかにならなければバーストとなり、その手番ですすんだ分はリセットされてしまいます。バーストする前にサイコロを振ることをやめれば、次の手番ではそれまでに進んだ位置から始めることができます。

サイコロをふって出目が出るか出ないかのどちらかなので、止め時というものがタイトル通り存在しません。サイコロを振るたびに一喜一憂し、盛り上がることのできるゲームです。

長く親しまれているため様々なバージョンが存在しておりますが、現在流通しているのはこちらのビジュアルの物となります。

購入はこちら

ゲーム名
Can't Stop
作者
Sid Sackson(シド・サクソン)  
発売年
1980
メーカー
Eagle-Gryphon Games(アメリカ)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る