ボードゲーム紹介
バオバブの木には動物たちがいっぱい!

バオバブ

 

カードを使ったバランスゲーム「バオバブ」です。
組み立てた木の上に、カードが落ちないように重ねて乗せていきます。

2人から6人用ゲームです。テーブル中央に木の形をしたスタンドを組み立て、各プレイヤーは均等に配られたカードを山札とし、3枚引いて手札にします。自分の手番では、必ず1枚以上のカードを木の上に置かなければなりません。重なったカードがバランスを崩し、カードがテーブルへ落ちてしまった場合、その落ちたカードがマイナス点となります。1〜3枚のカードを木の上に置いたら手札が3枚になるようにカードを引き、手番終了です。山札がなくなった状態で誰かの手札がなくなったらゲーム終了です。山札に残ったカードの合計と、引き取ってしまったカードを合計し、もっとも少ないプレイヤーの勝利となります。

「カードを投げて乗せなければならない」「カードの角が2つ以上はみ出すように置かなければならない」「10cm上から落として乗せる」といったような、特殊な効果があるカードがゲームをさらに盛り上げます。バランスゲームとしても、パーティーゲームとしてもオススメです。

購入はこちら

ゲーム名
Baobab
作者
J.M.Aroue(J.M.アルエ)  
発売年
2012
メーカー
Hemz Universal Games / ヘムズユニバーサルゲームズ(日本)  Piatnik(オーストリア)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る