ボードゲーム紹介
バオバブの木には動物たちがいっぱい!

バオバブ

 

カードを使ったバランスゲーム「バオバブ」です。
組み立てた木の上に、カードが落ちないように重ねて乗せていきます。

2人から6人用ゲームです。テーブル中央に木の形をしたスタンドを組み立て、各プレイヤーは均等に配られたカードを山札とし、3枚引いて手札にします。自分の手番では、必ず1枚以上のカードを木の上に置かなければなりません。重なったカードがバランスを崩し、カードがテーブルへ落ちてしまった場合、その落ちたカードがマイナス点となります。1〜3枚のカードを木の上に置いたら手札が3枚になるようにカードを引き、手番終了です。山札がなくなった状態で誰かの手札がなくなったらゲーム終了です。山札に残ったカードの合計と、引き取ってしまったカードを合計し、もっとも少ないプレイヤーの勝利となります。

「カードを投げて乗せなければならない」「カードの角が2つ以上はみ出すように置かなければならない」「10cm上から落として乗せる」といったような、特殊な効果があるカードがゲームをさらに盛り上げます。バランスゲームとしても、パーティーゲームとしてもオススメです。

購入はこちら

ゲーム名
Baobab
作者
J.M.Aroue(J.M.アルエ)  
発売年
2012
メーカー
Hemz Universal Games / ヘムズユニバーサルゲームズ(日本)  Piatnik(オーストリア)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る