ボードゲーム紹介
借金から始まる、苦しくもやりごたえのある重ゲーです

蒸気の時代

遊べる店舗

アメリカ西部を舞台に、鉄道経営をするゲーム「蒸気の時代」
経営をするゲームですが、所持金0から始まり、借金をしながらプレイする重ゲーです。

1人から6人まで遊べるゲームです。このゲームでは全員同じアクションを順番に行っていきますが、各アクションを実行する前に、競り形式で特権を購入します。各プレイヤーはお金を払って線路を建設し、都市へつなげて商品を運ぶことで収入を増やしていきます。増えた収入は次のラウンドまである程度は継続するため、どんどん商品を運んで収入を増やすことが目的となります。
しかし、ゲーム開始時の所持金は0なので、まずは株券を発行してお金を手に入れる必要があります。そのお金は線路の建設にしようするわけですが、ラウンドの終了時には発行した株や、機関車のエンジンパワーに応じて支払いが発生します。また、ラウンド終了時には、線路や列車の維持費という名目で、収入が減ってしまいます。

借金をしつつも収入を増やしていくゲームですが、その収入も毎ラウンド減っていき、収入を増やすためにまたお金を使い、有利に建設するために競りでお金を使い…といった感じで、とにかく資金回しが厳しく苦しいゲームです。いわゆる重ゲーとなりますが、非常にやりごたえのあるゲームとなっています。

ゲーム名
Age of Steam
作者
Martin Wallace(マーティン・ワレス)  
発売年
2002
メーカー
ArclightGames / アークライトゲームズ(日本)  Eagle-Gryphon Games(アメリカ)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る