ボードゲーム紹介
破孔魔術師の一人が誘惑に負けたという噂が…

イーオンズ・エンド拡張 虚空

遊べる店舗

協力型デッキ構築系ゲーム「イーオンズ・エンド」の拡張セットです。

プレイヤーは終わりを迎えた世界の中での破孔魔術師となり、人類最後の砦「グレイヴホールド」を守りながら、正体不明の敵「名無きもの」と戦わなければなりません。今回の脅威となる名無きものは、「破壊そのもの」といえる難易度の高い強力なものや、堕落したかつての仲間が登場。さらに、破孔魔術師の一人が力の誘惑に負けたという噂も……。

ネメシス2体と破孔魔術師2名、そして宝石、遺物、呪文、ミニオンが新たに追加されます。

購入はこちら

ゲーム名
Aeon's End: The Void
作者
Kevin Riley  
発売年
2017
メーカー
ArclightGames / アークライトゲームズ(日本)  Indie Boards and Cards (アメリカ)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る