4月27日(土)〜5月6日(月)のGW期間はハイシーズン料金となります。詳しくはこちらをご覧ください。
ボードゲーム紹介
ジャマしジャマされながら手札を揃えよう!

アブルクセン

動物の描かれたカードを手札から出していく「アブルクセン」
ルールは簡単ですが、ゲームを面白くする多くの要素が詰まっています。

2人から5人用ゲームで、1から13までの数字と動物の絵が描かれたカードを使います。手番プレイヤーは手札からカードを1枚出しますが、同じ数字のカードであれば一度に複数枚出すこともできます。誰かの手札がなくなった時点で点数計算をしてゲーム終了です。

手札を出した時、他のプレイヤーが自分と同じ枚数で、かつ数字が低いカードを出していた場合、そのプレイヤーに攻撃ができます。攻撃されたプレイヤーは、自分の出していたカードを捨てなければいけません。このとき、攻撃した側にも、された側にも複数の選択肢があり、どうやって手札を揃えていくのかが非常に悩ましくも面白いゲームとなっています。

購入はこちら

作者
Michael Kiesling(ミヒャエル・キースリング)  Wolfgang Kramer(ヴォルフガング・クラマー)  
発売年
2014
メーカー
Ravensburger / ラベンスバーガー(ドイツ)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

エコス~原初の大地~

原初の大地を舞台にした、地形や生態系の創造をモチーフにしたゲームです。

プレイヤー達は協力して自然豊かな世界を作り上げながら、その世界への貢献度を競い合います。ゲーム終了時、もっとも多くの得点を得ていたプレイヤーの勝利です。ゲームではビンゴのように、袋から出たエレメントを全プレイヤーが獲得します。エレメントを集めることによってカードのこうかが発動できるようになり、得点を得たり、全体共有ボードに地形タイルや山岳を配置したり、動物を配置することが出来ます。そうして変わっていくボードを先読みしながら、大量得点を目指しましょう!

カードの効果を考え、上手くコンボが決まった時の楽しさがたまらないゲームです。あなた達はどんな世界を創造しますか?

このゲームを詳しく見る