ボードゲーム紹介
都市の路地裏で陰謀がうごめく

世界の七不思議:都市

遊べる店舗

古代都市の文明発展ゲーム「世界の七不思議」の拡張セットです。

「ビザンティウム」「ペトラ」という2つの古代都市、新たな都市カードが導入され、古代都市の文明発展に、傭兵、盗賊、密偵、外交といった新たな要素が加わります。更にこの拡張セットを加えることで、4人または6人向けのチーム戦で遊ぶこともできます。

※この拡張を遊ぶには『世界の七不思議:第二版』が必要です。

ゲーム名
7WONDERS CITIES
作者
Antoine Bauza(アントワーヌ・ボウザ)  
発売年
2012
メーカー
Hobby Japan / ホビージャパン  Repos Production(フランス)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る