ボードゲーム紹介
都市の路地裏で陰謀がうごめく

世界の七不思議:都市

遊べる店舗

古代都市の文明発展ゲーム「世界の七不思議」の拡張セットです。

「ビザンティウム」「ペトラ」という2つの古代都市、新たな都市カードが導入され、古代都市の文明発展に、傭兵、盗賊、密偵、外交といった新たな要素が加わります。更にこの拡張セットを加えることで、4人または6人向けのチーム戦で遊ぶこともできます。

※この拡張を遊ぶには『世界の七不思議:第二版』が必要です。

ゲーム名
7WONDERS CITIES
作者
Antoine Bauza(アントワーヌ・ボウザ)  
発売年
2012
メーカー
Hobby Japan / ホビージャパン  Repos Production(フランス)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る