クトゥルフ落語『インスマス長屋』再演いたします!

昨年11月に東京ビッグサイトで開催されたボードゲームの祭典「ゲームマーケット2018秋」にて上演された三遊亭楽天さんのクトゥルフ落語「インスマス長屋」。

古典落語の「粗忽長屋」というお話をクトゥルフ神話をベースにリメイクされ、ボードゲームやTRPGファンならとてもキャッチーな内容の落語演目となっている作品です。

ゲームマーケット当日には用意されたエリアブースは大入満員!残念ながら見れなかったという方も少なくない状況でした。
当日の三遊亭楽天さんのBlog

はっきり言って、オリジナルの「粗忽長屋」にある笑いはそのままに、クトゥルフ神話的なネタがさらに増えているので笑いのボリュームアップ感がすごいです。聞いている間、終始笑っている間に物語が進みます。

この演目を2月24日に池袋「オペラハウス」というイベントスペースにて再演させていただきます。

この日はステージ上で役者さんたちがボードゲーム勝負をするコーナーや、クトゥルフ神話をベースにJELLY JELLY CAFEがプロデュース協力をする舞台「HOPELESS」の主演陣が登場してのトークショーなどもあり、ゲームマーケットでのステージのボリュームアップ版の様なイベントを開催いたします。
イベント「GAME&TALK」詳細ページ

是非、この機会にクトゥルフ落語「インスマス長屋」をご覧になってください。

日 程
2019年2月24日(日)
1st 14時00分〜 / 2nd 18時30分〜

会 場
池袋「オペラハウス」 池袋北口徒歩6分
東京都豊島区池袋2丁目64−11 平和ビル2F

出 演
岸本卓也、芹沢尚哉、本宮佳奈、三遊亭楽天、聖地ポーカーズ

料 金
3,500円(全席自由席/1ドリンク制)

チケット発売中!!下記のサイトよりどうぞ!

イベント「GAME&TALK」チケット販売サイト

下北沢店、水道橋店プロデューサー。 「ゲーム」×「演劇」×「カフェ」というフィールドで『現実』と『物語』を掛けわせたエンタメ作りをしています。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る