ボードゲーム紹介
白と黒のバランスを取りながらトリックを獲得しよう!

ゼンマスター

遊べる店舗

マストフォローの無い、数のみで勝負をするトリックテイキングゲームです。

プレイヤーは、9枚ずつ配られる手札を親から順番に1枚ずつ場に出していきます。
全てのプレイヤーが場に出したら、数字の大小によってトリックの判定をします。
最も高い数字カードを出したプレイヤーが黒いマッチ棒を、最も低い数字カードを出したプレイヤーが白いマッチ棒を受け取ります。
この時に受け取るそれぞれのマッチ棒の数は、トリックによってそれぞれ異なります。
また、白と黒のマッチ棒をどちらも持っている場合は、白黒1本ずつのマッチ棒を組みにして、山に戻していきます。
このゲームではマッチ棒を受け取ってしまうとマイナス点になってしまうため、白と黒のマッチ棒を同じ数ずつ獲得することが必要になります。

ルールは単純ですが、考え所が多くてジレンマが楽しめる、トリックテイキング初心者の方にもオススメな一品です。

作者
Reiner Knizia(ライナー・クニツィア)  
発売年
2010
メーカー
999 Games  ゲームストア・バネスト  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る