ボードゲーム紹介
運と記憶でおばけから逃げよう!!

3人の魔法使い

遊べる店舗

魔法使いのコマを動かしてオバケに捕まらないように魔法学校まで連れていく記憶&協力型すごろく型ボードゲームです。

プレイヤーは手番になるとサイコロをふって出た目を確認します。サイコロの目には絵が描かれており、これに対応するタイルを見つけなければなりません。記憶することが難しければみんなで分担して覚えることもできます。そして全員の手番が1巡するとオバケが動き出します。さらにダイスやタイルにもオバケの絵が描かれており、これを出してしまってもオバケは動き近づいてきます。終盤になると魔法学校の階段に差し掛かるのですが、ここに自分のコマが止まっているときは相談することができません。また困ったときは魔法を使ってコマを振り直してみたり、魔法のポーションを飲んで誰か好きな人のコマを1マス進めることもできます。

色々なギミックが散りばめられているのでハラハラドキドキの展開を楽しめます!

購入はこちら

作者
Lukas Zach  Michael Palm  
発売年
2017
メーカー
Pegasus Spiele / ペガサスシュピール (ドイツ)  ブラザー・ジョルダン(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る