ボードゲーム紹介
程よく勝って、程よく負ける・・・

ウィザード

遊べる店舗

アメリカでミリオンヒットを飛ばし、世界選手権も行われたトリックテイキングカードゲームです。

ゲームはトランプの52枚に「ウィザード」と「ジェスター」のカードを各4枚ずつ加えた、計60枚を使って行います。ゲーム自体は単純なトリックテイキングですが、1ラウンド毎に何トリック出来るのかを各自が予想して、見事予想が当たれば点数が入りますが、外れるとマイナス点になってしまいます。「ウィザード」のカードは絶対に勝てるカードで、「ジェスター」は絶対に負けるカードになっており、これらのカードをうまく使いこなして、自分のトリック獲得予想からずれないように調整をすることが必要になります。

ルールは簡単ながら、じっくり考えないと勝つことが出来ない。トリックテイキングの醍醐味が存分に味わえるゲームです。

ゲーム名
wizard
作者
Ken Fisher  
発売年
1984
メーカー
GP / ジーピー(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る