ボードゲーム紹介
法廷で証言する準備をしている時、矛盾するいくつもの声が頭をいっぱいにしました。

開廷!脳内裁判

遊べる店舗

プレイヤーのうち一人が検察官、その他のプレイヤーが被告の中の様々な人格(ペルソナ)を担当する非対称性ゲームです。

被告ガイ・ジョンソンは迷います。「真実を話すべきだろうか?たとえそれが自分を刑務所送りにするかもしれないとしても?」このゲームでは検察官になる一人を除いた各プレイヤーが被告の様々な人格を担当し、被告のガイを支配して自分の目指す結末にすることを目指します。

法廷を舞台に、人格同士が戦う新感覚ゲームです。

購入はこちら

ゲーム名
Voices In My Head
作者
Corey Konieczka  
発売年
2022
メーカー
Unexpected Games  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る