ボードゲーム紹介
大陸横断電信機「U.S.テレグラフ」

U.S.テレグラフ

遊べる店舗

一流投資企業の社長として、建設競争に勝ち抜くことを目指していく陣取り系ボードゲームです。

自分の手番になったら、「建物タイルの獲得」、または、「建物タイルの建設」のどちらかを実行していきます。
そして、「最初に30の建物すべてを建設させる」か「自分の入植地1つで、2つの大都市を接続させる」かの、どちらかの条件を満たしたプレイヤーが即座に勝利となります。それぞれのマスには一人しか建設ができないため、できるだけ効率よく建設を行うことが重要になってきます。

ゲームごとにボードの配置が変わることや、タイルの引きによって戦略が変わっていくので、臨機応変に対応することが求められるゲームです。

購入はこちら

ゲーム名
ATTIKA
作者
Casasola Merkle  Marc André(マーク・アンドレ)  
発売年
2018
メーカー
Super Meeple  テンデイズゲームズ(日本)  

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る