ボードゲーム紹介
マヤの1部族となって一族を繁栄させましょう。

ツォルキン:マヤ神聖暦

ワーカープレイスメントと呼ばれるゲーム「ツォルキン」
労働者を配置し、得た収入によって勝利を目指すゲームです。

2から4人用ゲームで、自分の手番ではコーンを消費して労働者を配置するか、労働者を回収してアクションを実行するかのいずれかを選択します。労働者はゲームボードの小さな歯車の上に置きます。中央の大きな歯車はラウンド毎に回転させますが、その周りにある小さな5つの歯車も連動して回るようになっています。歯車は食料、資材、技術、市場、信仰の5つに分かれており、ゲームに勝利するためには戦略をよく練って配置しなければなりません。歯車が1回転したらゲームが終了し、得点計算をします。

戦略を十分に考える必要があり、やりごたえがある反面、覚えることが少し多く、重めのゲームとなっています。歯車を回すだけでもワクワクする、魅力的なゲームです。

購入はこちら

ゲーム名
Tzolk'in: The Mayan Calendar
作者
Daniele Tascini(ダニエレ・タッシーニ)  Simone Luciani(シモーネ・ルチアーニ)  
発売年
2012
メーカー
Czech Games Edition(チェコ)  Hobby Japan / ホビージャパン  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る