ボードゲーム紹介
この二人組なら負けない!

ツインズ

ギャング組織のボスとなり、手下を2人1組のペアにして他のギャングと決闘を行わせて勝利を目指します。

3人から6人用ゲームで、最初に全員同じ数のチップを受け取り、その後カードを8枚ずつ受け取ります。その後手札から2枚を選び、全員一斉に公開します。2枚の組み合わせによって強さが異なり、一番強かった人がラウンドごとに決まった得点を得ます。

これを繰り返し全部で4ラウンド終わったら1ゲームが終了です。得点を支払えない人がでるまでゲームを繰り返します。最終的に、一番多く得点したプレイヤーの勝者となります。

ゲーム名
Twinz
作者
Reiner Knizia(ライナー・クニツィア)  
発売年
1996
メーカー
Amigo / アミーゴ(ドイツ)  Oink Games / オインクゲームズ(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る