ボードゲーム紹介
指輪を集めながら宮廷内でのし上がろう!

チューダー

遊べる店舗

手のついたてに指輪をはめるのが特徴的な、ワーカープレイスメントのゲームです。

プレイヤーは一族の者たちを派遣し、宮廷内での地位を高め、要職につかせようとします。ボードは「謁見室の廊下」「謁見室」「玉座の間」の3つに分かれており、それらにコマを配置したり、移動したりしてアクションを行います。玉座の間を進み要職につくことができると、王から指輪を賜り、その指輪をはめる位置によってアクションボーナスを得る事ができます。すべてのラウンドが終了したとき、一番名声を得ているプレイヤーの勝利となります。名声を得る条件は、最初に選ぶ得点表によって異なります。

プレイごとに得点表や使用できるトークンの効果が示されたシナリオを変えることができ、何度でも楽しめるゲームです。

ゲーム名
TUDOR
作者
Jan Kirschner  
発売年
2018
メーカー
Corax Games  テンデイズゲームズ(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ライナー・クニツィアのキングダム

領地を奪い合い、誰よりも豊かな土地に自分の城を建てることで、多くの税金を集めることを目指します。プレイヤーは城とタイルを配置し、収入を得ることを目指します。しかし他プレイヤーからの妨害で、徴税が出来なくなる可能性があります。規定ステージ終了時点で、一番お金を稼いだプレイヤー勝利します。

ライナー・クニツィアが手掛けたタイル配置ゲームです。クニツィアお得意のジレンマもあり、短時間で遊べるゲームになっています。

このゲームを詳しく見る