ボードゲーム紹介
2人用の奥の深いゲームです。

路面電車

なるべく多くの路線を作り、多くの人を乗せることを目指す「路面電車」
ドイツ、ミュンヘンが舞台のゲームでしたが、パッケージが日本の町並みに描き下ろされています。

2人専用のゲームです。6枚のという限られた手札をうまく使う必要があり、得点計算を発生させるための乗客を停留所に配置し、より多く得点するための路線を作り、得点を維持するための列車を購入し、列車を購入するためのお金を調達しなければなりません。手番の終了時に手札を6枚になるように補充し、相手のターンとなります。
4箇所ある停留所のいずれかに4人目の乗客が配置されると、その色の路線を作っているプレイヤーに得点計算が発生します。これが10回発生するとゲーム終了です。

6枚の手札から、必ずしなければならないアクションと、任意のアクションがあるため、したくなくてもしなければならない、したいけどできないといった状況が発生します。また、手札を取っておきたくても次の手札の補充も少なくなってしまうため、カードをいつまで取っておくかという作戦も重要になります。

2人専用のカードゲームで、戦略とジレンマが楽しみたい方はぜひ遊んでみてください。

購入はこちら

ゲーム名
Trambahn
作者
Helmut Ohley(ヘルムート・オーライ)  
発売年
2015
メーカー
Hobby Japan / ホビージャパン  Lookout Games(アメリカ)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る