ボードゲーム紹介
2人用の奥の深いゲームです。

路面電車

なるべく多くの路線を作り、多くの人を乗せることを目指す「路面電車」
ドイツ、ミュンヘンが舞台のゲームでしたが、パッケージが日本の町並みに描き下ろされています。

2人専用のゲームです。6枚のという限られた手札をうまく使う必要があり、得点計算を発生させるための乗客を停留所に配置し、より多く得点するための路線を作り、得点を維持するための列車を購入し、列車を購入するためのお金を調達しなければなりません。手番の終了時に手札を6枚になるように補充し、相手のターンとなります。
4箇所ある停留所のいずれかに4人目の乗客が配置されると、その色の路線を作っているプレイヤーに得点計算が発生します。これが10回発生するとゲーム終了です。

6枚の手札から、必ずしなければならないアクションと、任意のアクションがあるため、したくなくてもしなければならない、したいけどできないといった状況が発生します。また、手札を取っておきたくても次の手札の補充も少なくなってしまうため、カードをいつまで取っておくかという作戦も重要になります。

2人専用のカードゲームで、戦略とジレンマが楽しみたい方はぜひ遊んでみてください。

購入はこちら

ゲーム名
Trambahn
作者
Helmut Ohley(ヘルムート・オーライ)  
発売年
2015
メーカー
Hobby Japan / ホビージャパン  Lookout Games(アメリカ)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る