ボードゲーム紹介
塔のてっぺんはどちらの手に?シンプルなのに奥深いゲームです

バベルの塔

バベルの塔
遊べる店舗

場に広げられたタイルを交互に詰んでいき、最終的に塔の一番上に自分のタイルを乗せれば勝ちという二人用ゲームです。
ルール自体はとてもシンプルなのですが、重ねられた下のタイルを確認することは出来ないので多少の記憶力も要求されます。じっくりと遊べる奥深いゲームです。

作者
新澤大樹  
発売年
2013
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る