ボードゲーム紹介
ハラハラドキドキ…時限爆弾を解除せよ!

タイムボム

遊べる店舗

SWATチームとテロリストチームに分かれて戦う「タイムボム」。
1つ1つ時限爆弾の導線を切っていくゲームです。

4人から6人用ゲームで、プレイヤーはSWATチームとテロリストチームに分かれます。カードを全員に均等に配り、スタートプレイヤーを決めてゲーム開始です。カードは安全、成功、起爆の3種類に分かれています。スタートプレイヤーは誰の手札から1枚選ぶのかをプレイヤー全員と相談して決めます。決めたプレイヤーから1枚を引き、安全か成功ならカードを引いてもらったプレイヤーがスタートプレイヤーとなり、ゲーム続行です。もし起爆カードだった場合はゲーム終了となります。全ての成功カードを引き当てることができればSWATチームの勝利、もし1枚しかない起爆カードを引いてしまうとテロリストチームの勝利です。

「安全と成功カードしかないからここから引いて!」や、「起爆カードを持っているから自分は選ばないで!」と言ったような会話をします。テロリストチームは嘘を混ぜながら、起爆カードを引いてもらうように立ち回ります。カードを引くたびにヒヤヒヤ、ハラハラ、ドキドキするゲームです。

マンガで分かる!「タイムボム」紹介

作者
佐藤雄介  
発売年
2016
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る