ボードゲーム紹介
ハラハラドキドキ…時限爆弾を解除せよ!

タイムボム

遊べる店舗

SWATチームとテロリストチームに分かれて戦う「タイムボム」。
1つ1つ時限爆弾の導線を切っていくゲームです。

4人から6人用ゲームで、プレイヤーはSWATチームとテロリストチームに分かれます。カードを全員に均等に配り、スタートプレイヤーを決めてゲーム開始です。カードは安全、成功、起爆の3種類に分かれています。スタートプレイヤーは誰の手札から1枚選ぶのかをプレイヤー全員と相談して決めます。決めたプレイヤーから1枚を引き、安全か成功ならカードを引いてもらったプレイヤーがスタートプレイヤーとなり、ゲーム続行です。もし起爆カードだった場合はゲーム終了となります。全ての成功カードを引き当てることができればSWATチームの勝利、もし1枚しかない起爆カードを引いてしまうとテロリストチームの勝利です。

「安全と成功カードしかないからここから引いて!」や、「起爆カードを持っているから自分は選ばないで!」と言ったような会話をします。テロリストチームは嘘を混ぜながら、起爆カードを引いてもらうように立ち回ります。カードを引くたびにヒヤヒヤ、ハラハラ、ドキドキするゲームです。

マンガで分かる!「タイムボム」紹介

作者
佐藤雄介  
発売年
2016
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る