昨今の物価高騰により、2024年1月1日(月)から利用価格の改定を決定いたしました。
詳しくはこちらをご確認くださいませ。
ボードゲーム紹介
メソポタミアを舞台に文明を発展させよう

チグリス・ユーフラテス

メソポタミアを舞台に、文明の発展を目指す「チグリス・ユーフラテス」
指導者を配置し、領土を広げ、紛争を繰り返しながら王国を広げていきます。

2人から4人用のゲームです。ゲーム終了時に、4つある分野の平均得点が最も高いプレイヤーの勝利となります。自分の手番では、ボード上に手札から文明タイルを配置するか、指導者コマを配置または移動するかを2回行います。指導者コマと隣接しているタイルと、それに繋がるタイル全ては1つの王国となります。王国につなげるようにタイルを配置することで、その王国に指導者コマを配置しているプレイヤーは勝利点を獲得できるようになります。
1つの王国には最大4色の指導者コマしか存在できず、すでに配置されている指導者コマと同じ色の指導者コマを配置した場合、紛争が発生します。紛争に敗北した指導者コマはボードから取り除かれます。ボード上にある財宝タイルがなくなるか、文明タイルの山がなくなるとゲーム終了となります。

領土が拡大していく様子が見ていても面白く、立体的なコマがさらにそれを増加させます。ルールは少し難しめですが、その分やりごたえのあるゲームです。

購入はこちら

こちらの紹介記事も参考にどうぞ
遊んでもらいたいボードゲーム紹介:チグリス・ユーフラテス | JELLY JELLY CAFE

ゲーム名
Tigris & Euphrates
作者
Reiner Knizia(ライナー・クニツィア)  
発売年
1997
メーカー
Fantasy Flight(アメリカ)  Hobby Japan / ホビージャパン  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

トゥキ

「TUKI(トゥキ)」では、プレイヤーは石や雪のブロックを使って「Tukilik / トゥキリク」を造るゲームです。

ただし、役に立つ道標にするためには、できるだけ早く、正確に造り上げる必要があります。

ゲームの手順は以下の通りです

①ラウンドの開始時にトゥキリクカード1枚引き、
ダイスをふって、その目の指示する向きに引いたカードを公開します。
②自分の手元の石と雪塊を積み上げて、カードに表示されたトゥキリクをできるだけ早く造ります。
もちろん、造るトゥキリクは、石の色や接触面がカードの表示と全く同じでなければなりません。
③全員が完成できたら答え合わせをします。
【全員正解の場合】最後に完成させたプレイヤーが敗者、
【不正解が1名だけの場合】そのプレイヤーが敗者、
【不正解が複数いる場合】最初に不正解を完成させたプレイヤーが敗者となります。
石3個使用の標準レベルと、石4個使用の上級レベルの2つの難易度で、全600種類の課題を用意しています。

『Ubongo / ウボンゴ』でおなじみのパズルゲームの第一人者、グレゼゴルツ・レヒトマンによる、
簡単なルールで、カラフルな石や雪のブロックの見た目が楽しい、大人同士でもファミリーでも楽しめる話題作です!

このゲームを詳しく見る